ドライバーの飛距離が伸びてドローボールが打てるようになる

インサイドからクラブを下ろせるようになる!

プロのダウンスイング

ゴルフが上手い人やプロのゴルフスイングは、ダウンスイングで右ワキが締まり、インサイドからクラブが下りてきます。

 

ドローボールに不可欠な、アマチュアゴルファー憧れのスイングです。

 

左肩リードのダウンスイングをマスターすれば、あなたも簡単に身につけられます。

 

ボールが上手くつかまえることが出来ない人は、ぜひチャレンジしてみよてはいかがですか?

誰でもドローボールが打てるようになる!

ドローボールを打ちたくてもあなかなか打てない人は、次の二つのステップを試してください。

 

ドライバーを持ってハーフスイングを行い、ボールを真っすぐ打てるようにする

ドライバー打ち方

 

アベレージゴルファーならば、難しくはありません。カット打ちの人でも、徐々に手を返すようになり、真っすぐ飛ぶようになるはずです。

 

ドライバーでハーフスイングを行い、ボールが真っすぐ飛ぶようにしましょう。

 

ボールが曲がってしま人は、体から力を抜いて、リズムよく振ることを心がけましょう。

 

 

ハーフスイングのフォローで、左肩を後ろへ引く動きをプラスする

ドローボールの打ち方

 

 自然にボールをつかまえる動きが強くなります。
何度か続けていくと、自然にフェースを返す動きが強くなっていくのが分かるでしょう。
これによって、ボールにはドロー回転がかかります。

 

 試してみると分かると思いますが、ボールは簡単に左へ曲がるようになります
ここでは、左肩を後ろへ引けば、誰にでもボールにドロー回転を与えることができることを知るだけで十分です。

 

ポイント1のハーフスイングに、フォローで左肩を後ろへ引く動作を加えると、ボールは左へ曲がるようになるはずです。

 

ボールが左へ曲がれば、あなたにもドローを打つ素質はにあるという証拠、リキまず、前傾角度をキープすることを意識して行うのがコツ

ダウンスイングで左肩を水平移動させてから後ろへ引く

ダウンスイング 左肩

フルスイングでドローボールを打つためには、左肩を後ろへ引く前に、もう一つ大事な動きが加わります。

 

それが、左肩を目標方向へ水平移動させることです。

 

 水平移動させるタイミングは、トップからの切り返し時です。

 

そして、左肩を水平移動してから後ろへ引きます。

 

この二つの動きは、実際のスイングでは水平移動させながら左肩を後ろへ引く、というイメージのほうがスムーズに行える場合もあるので、両方試してみてください。

 

トップからの切り返しで左肩を水平移動
トップの位置はどこでも構わない! 切り返しで左肩を目標方向へ水平移動させる

トップからの切り返し

左肩の水平移動と後ろへ引く動きが正しくできれば、クラブはインサイドから下りてきます

ダウンスイング 始動

この動きで左サイドに体重が乗っていく。左肩が上がらないように注意

 

左肩を後ろへ引く動き
左肩を後ろへ引くイメージ インパクトの形はハンドファースト

左肩リード

左肩を後ろへ引く際、右肩をトップで左肩があった位置へ持っていくイメージだと低く入っていきやすい

インパクトの形

この時点で右ヒジは伸びておらず、体はほぼ目標方向へ向いているのが正しい

 

バックスイングはどうすればいいの?

  • トップからの動きを変えるだけで、インサイドからクラブを下ろせるようになります。
  • ですから、どんなバックスイングでも関係ありません。
  • スエーする人でも、腰が回りすぎる人でもOKです。

左肩が正しく動けば右肩は弧を描くように動く

 右肩が移動する軌道とヘッドが移動する軌道は連動します。
そのため、両肩を結んだラインを基準にして右肩が左肩よりも高い位置からダウンスイングに入ったり、右肩が体の前に突っ込んでしまうと、クラブはアウトサイドから下りてしまいます。

 

 しかし、左肩を水平移動してから後ろに引くダウンスイングでは、右肩は両肩を結んだラインより低い位置に入りやすくなり、クラブをインサイドから下ろせるわけです。
インパクトからフォローにかけて右肩は、トップで左肩があった位置に戻るのが理想ですから、後方から右肩の動きを見ると弧を描くようになります。

 

右肩とヘッドの軌道は連動しますから、右肩が両肩を結んだラインの下を通れば、ヘッドはスイングプレーンのインサイドから下りてくるわけです。

 

前傾姿勢をキープ! 左肩を水平移動

ゴルフスイング トップ

前傾角度をスイング中キープすることは、どんなショットでも絶対条件だ

ダウンスイング 切り返し

右肩を高い位置で動かさないようにするためには、左肩を水平移動させることが必要

 

ダウンスイングはインサイドアウト インパクトからフォロー

ゴルフスイング インサイドアウト

右肩がスイングプレーンの下を通れば、ヘッドがアウトサイドから下りることはない

ゴルフスイング フォロースルー

インパクトからフォローにかけて、右肩をトップ時に左肩のあった位置に持っていくイメージ

右肩とグリップの距離を保ったまま下ろすのがコツ

どんなにうまく水平移動と後ろに引く動きができても、アーリーリリースしてしまってはクラブをインサイドから下ろせません!

 

それを確実にするコツは、右肩とグリップの距離感です

 

右手首の角度を保つと右ワキが開かなくなる
 より確実にインサイドからクラブを下ろすためのポイントとして、ダウンスイングでの右肩とグリップの関係があります。

 

トップからダウンスイングにかけて、右肩とグリップの距離を保ったままインパクトを迎えるイメージを持つと、より確実にインサイドからクラブを下ろすことが可能になります。

 

しかも、リキまずに振るだけでリリースは自然とできるため、タイミングを習得する必要もありません。

 

 注意する点を挙げるとすれば、右手首を甲側に折った角度をキープする意識を持つことです。
こうすると右ワキが開きにくくなり、アーリーリリースを防ぐことができます。

 

グリップを右肩から離さない
グリップが右肩から離れるのを防ぐ! 右ひじの使い方

トップ 右手首の角度

トップでできた右手首の角度をキープしたまま下ろせば、右ワキが開きにくくなり、グリップが右肩から離れるのを防げる

ゴルフスイング 右ひじの使い方

右手首を甲側に折った角度を保つイメージ

 

ハーフウエーダウンまで保つ
右肩とグリップの距離 アーリーリリースだとグリップが右肩から離れる

ゴルフスイング 画像

右肩とグリップの距離は、実際のスイングでは徐々に離れていくが、この写真のようにハーフウエーダウンくらいまではキープする意識を持とう

ゴルフスイング アーリーリリース

アーリーリリースだとグリップが右肩から離れてしまうのが分かる。
右ヒジが早めに伸びるということは、アウトサイドインになりやすい

 

ボールを強く押して打つことが出来る!

ゴルフスイング 連続画像

グリップと右肩の距離が保たれるとインパクトまで右ヒジが伸びないので、ボールを強く押していけて方向性もよくなる

 

 

下半身の動かし方はどうすればよいか?

  • ベタ足でも、右足を蹴ってもOK。
  • 「下半身はこうすべし」という制限はありません。
  • 左肩を水平移動して後ろに引けば、体重はしっかり左サイドに乗ってくるからです。
  • 要注意は、足を使うことによる前傾角度の乱れです。

胸をボールにぶつけるイメージでダウンスイング

左肩リード打法に軸回転の概念は不要
「左肩を水平移動させながら、右肩を低く入れるなんて、矛盾しているのではないか?」

 

 ここまで読んで、そう疑問を持った人は、軸回転を考えているのではないでしょうか。
左肩リードの打法では、軸回転という概念は捨ててください。

 

この打法は、左肩を主体に他の部位が連動して動くことでインサイドからクラブを下ろすことを実現させます。
そこに軸回転の考えを重ねると、必ず矛盾が生じてしまいます。

 

 左肩を水平移動してから後ろへ引きつつ、右肩を両肩を結んだラインの下へ入れていくというイメージが湧かない人は、胸をボールにぶつけていく動きを取り入れてみてください。

 

左肩が上がらないように行うと、上体がやや沈み込む動きになりますが、それが正解。また、前傾角度を変えないことが大切ですが、左肩を顔から引き離していくイメージで後ろへ引くと、うまくいきます。

 

左肩リード ダウンスイング

 

左肩を上に上げずに胸をボールにぶつける
左肩を水平移動して(上に上げないで)右肩を低く動かすという、矛盾しているように感じる動きも、胸をボールにぶつけるイメージを持って動かすとできる

 

左肩を顔から引き離す感覚で前傾角度を保つ
左肩を顔から遠ざけるイメージだと、前傾を崩さずに胸をボールにぶつけるような動きができる

 

首のツケ根を動かさないと前傾角度が保てる

左肩リード

胸をボールにぶつけるイメージで左肩リードの動きをするには、首のツケ根の位置をキープする意識が必要。そうすると前傾角度が崩れにくい

 

ゴルフスイング画像

首のツケ根の高さも変えずに肩を回転させたい

 

 

左肩リードを試したらダフリ、チョロが出ます

  • ダフリは、頭がボールに近づいてしまっていることが原因でしょう。
  • 左肩の水平移動を行いつつ、首のツケ根の高さをキープする意識を強く持ちましょう。
  • また、左肩が上に上がる(浮く)と、ヘッド軌道が上にズレてチョロになります。
  • ボールがトウ寄りに当たる場合は、左肩を水平移動せずに後ろに引いた場合に起こりがちです。