グリーン上でのゴルフスイング ストローク式パッティング

パッティングの距離感を出す方法

ドラーバーもゴルフスイングですが、パットもゴルフスイングの1つとしてたまには練習しましょう。

 

ゴルフ場のコースには必ず練習グリーンが用意されていますので、コースに出る前に距離感を確認することが大切です。

 

距離感をつかむためには最初に10メートル、5メートルを打つための振り幅を確認しましょう。

 

平地での距離感をつかんでしまえば、上りのパッティングであれば「振り幅」を大きくし、下りのパッティングであれば「振り幅」を小さくすればいいんです。

 

仕上げには1メートルのショットを30センチほどオーバーさせる練習が効果的といわれています。

 

いつもショートしてしまう人は、1メートルのショットを1メートルオーバーさせる練習をしましょう。

 

この練習をしておけば、本番ではちょうど30センチオーバーのパッティングができるはずです。

 

バックスイングとフォロースイングの大きさやスピードが異なっているのは、ストロークが安定していないからです。

 

同じ振り幅で打っているつもりでも、距離は安定しません。

 

ストロークを安定させるためには、フォローを意識せずインパクトの瞬間に手とヘッドをアドレスの位置に戻すことを強く心がけましょう。

 

バックスイングとフォロースイングのスピードを同じにするためには、ヘッドの重さだけで打つような意識を持つことが重要です。

ストローク式パッティングについて

ゴルフコースでは、スイングをした回数を数えていき、スイングをした回数が、少なければ少ないほど上手ということになります。

 

この時は打数を数えていくことになりますが、ドライバーも1打として数えるしパットも1打として数えます。

 

ゴルフのスコアを良くするためには、パット数も減らさなければなりません。

 

上りのパットはしっかり打って、下りのパットでは距離を合わせるようにやさしく打つことが大切で、頭では分かっているんですが、多くのゴルファーが打ちすぎてオーバーしたり、打ち切れずにショートしたりとなかなか思うように行きません。

 

どんな状況でも距離を合わせるためには、距離感を安定させることが大切です。

 

そのためには、手の力を利用しない「ストローク式」と呼ばれる用法でパッティングしましょう。

 

手首を使わずに振り幅の大きさによって距離を打ち分けます。

 

手首の力を利用すると、インパクト時にヘッドが先に出てしまうので、距離感が安定しません。

 

上がりのパットでは振り幅を大きくし、下りのパットでは振り幅を小さくすると、距離感が大きく狂うことは無いと言われています。

 

左手の小指と薬指で確実に握り、バックスイングとフォロースイングが同じスピードになるように心がけますしょう。

 

インパクトの瞬間は、手とグリップの位置を元に戻すことが重要で、ストローク中は手首の角度を変えてはいけません。

 

手首が折れてしまうと、方向性や距離感を正確に保つことができなくなってしまいます。