ロングアイアンのスイングはインサイドアウトの軌道を心がける

ロングアイアンでのゴルフスイング

ゴルフの初心がの好きなアイアンは何番だと思いますか?

 

多くの人は5番アイアンか7番アイアンと答えるようです、なぜならスイングを覚えるために5番アイアンか7番アイアンで練習するからです。

 

しかし4番アイアンになると、途端にスイングが難しく感じてしまいます。

 

4番アイアンと5番アイアンの間にはシャフトの長さが0.5インチ、シャフトのロフト角で3度の違いがあります。

 

この違いは5番と6番の間にもあるにもかかわらず、なぜ4番になると難しくなるのでしょうか。

 

4番以上のロングアイアンでミスする原因はメンタル面が非常に大きいようです。

 

番手以上に身体に力が入ってしまい、結果としてスライスやボールが上がらないことにつながるようです。

力の入ったアドレスでは右足に体重をかける人が多いようで、このような構えだと両肩のラインが地面と平行になりません。

 

4番アイアンが苦手であるという人は1度、鏡に向かって「肩のライン」を確認してみてください。

 

右肩上がりのアドレスは、左足下がりの足場か意識的に低いボールを打ちたい時の構えです。

 

通常のアドレスでこの構えをとれば、結果としてボールが上がらないのは当然のことです。

 

ロフト角の少ない4番アイアンでは身体の重心を右サイドに置き、両肩のラインをやや左上がりにするとよいでしょう。

 

高い球を打つという意識を持つことが大切のようです。

 

右手でボールを打ち込むということではなく、ボールを払いのけるイメージでもよいかもしれません。

 

このイメージを持つとロングアイアンに必要なゴルフスイングが習得できると思います。

ロングアイアンのスイングはインサイドアウトの軌道を心がける

5番アイアンではリラックスしてアドレスできるが、4番アイアンを持った途端に力んでしてしまう人がいます。

 

このような人は、スイングでも力の入ったスイングをしてしまいます。

 

力の入ったスイングでは右手と右肩、右ひざの動きが早くなってしまい、このようなスイングではロングアイアンは打ちこなせません。

 

右サイドの動きを抑えるためには、体重を身体の右側に残しておくことが大切となってきます。

 

そのためには、インパクト時に右足が浮かないように注意し、ダウンスイングからインパクト、フォローにつながるまで右足のかかとを地面から上げずにクラブを振ってください。

 

5番アイアンは打てるけれども、4番アイアンは打てないという人は、右足のかかとを確認してください。

 

右足かかとをつけたままスイングしてみましょう。

 

この時、スライスやボールが上がらないといったミスは少なくなるはずです。

 

ボールが上がらない理由はクラブの軌道にも原因があるようです。

 

アウトサイドインの軌道であればインパクト時にフェースが被ってしまい、ボールは上にあがってくれません。

 

ミドルアイアンあたりまでは、アウトサイドインの軌道でもそれなりにボールは上がってくれますが、4番以上のロングアイアンではゴルフスイングの軌道が弾道にはっきりと出てしまうようです。

 

ロフト角の少ないロングアイアンであれば、インサイドアウトの軌道を心がけましょう。

 

この軌道であれば、ロフト角以上の弾道が得られるはずです。