飛距離が伸びるドライバーの打ち方 ここがポイント!

ボディーターンでスイングするコツ

身体をねじってパワーを蓄積し、そのパワーを無理なく効率的にボールに伝える必要があります。

 

そんなゴルフスイングを行うには、身体を上手に回転させる必要があります。

 

スムーズなゴルフスイングを行うためには腰、両肩を上手に回転させなければなりませんが、もう1つ大切なものに「頭の回転」があります。

 

アドレスからトップ、そしてダウンスイングからフィニッシュにかけて必ずしも「頭の固定」にこだわらなくても良いと思います。

 

身体の回転に伴い、自然な状態で左右に動いてしまうことは問題ないと言われています。

頭の回転を確認する方法として「鉛筆を口にくわえる」という方法があります。

 

鉛筆をくわえてゴルフスイングをし、スイングの過程で自分の頭が身体のターンと同じように自然にターンしているかどうか確認する方法です。

 

アドレス時は鉛筆の先がボールの少し右を指しているように構え、バックスイングでは両肩と腰が回転しますが、その回転とともに頭も自然に右側に回転させましょう。

 

トップからインパクトにかけては身体の回転とともに、頭も元も位置に戻るように回転させます。

 

インパクトの瞬間は、鉛筆も先がアドレス時と同じ方向に向くようにし、頭がいつまでも同じ位置にあるとフォロースルーはスムーズに行うことができません。

 

そのため、インパクト後は身体の回転と同じように頭も回転させてあげましょう。

 

フィニッシュの時には、鉛筆の先が目標方向を指しているように頭の位置を決めてあげます。

 

鉛筆の代わりに「ティー」を使用しても良いかもしれません。

腰の回転でゴルフスイングする

多くのゴルファーの願いは、飛んで曲がらないボールを打つということでしょう。

 

ゴルフスイングでは、正確かつパワフルにボールを打つためのポイントは沢山あるようですが、腰の使い方もその1つです。

 

高速で腰を回転させながらゴルフスイングを行うと、飛距離が出て曲がらないボールになると言われています。

 

ダウンスイングの始まりは「ねじられた」腰をアドレスの状態に戻そうとする動作から始まります。

 

ねじられた身体をアドレスの状態に戻していくわけですが、この戻そうとする動作が早ければ早いほど良いという考えです。

 

トップの状態から腰が元の位置に戻されると、その過程で体重のかかる位置は、右足から左足に移動していきます。

 

体重移動に引っ張られるように上半身の回転を開始させ、上半身の回転は両肩が回転する意識を持てばいいでしょう。

 

両肩を鋭く回転させることができれば、そのスピードは両腕に伝わり、その結果、クラブのヘッドスピードを上げることができるため、ボールを大きな力で打つことが出来るようになります。

 

腰の回転を意識せず、両腕先行でダウンスイングを開始すれば、下半身や両肩の回転運動を有効に活用することはできません。
そのようなゴルフスイングは両腕だけの力に頼ったスイングとなってしまうのです。

 

どれだけ練習したとしてもヘッドスピードは上がってきませんので、なかなか飛距離はアップしないでしょう。

 

なかなか飛距離が出ない人は、腰の回転を意識してみてください。

右腰のスウェイを抑える方法

ドライバーの練習をこまめに行っているにも関わらず、なかなか飛距離が出ない場合はゴルフスイングにおけるトップの形を考えてみてください。

 

上体のねじりをスムーズにボールに伝えるためには、トップの形、つまりゴルフスイングの頂点での形が重要になってきます。

 

トップの上体で右腰がスウェイしていませんか?

 

右腰のスウェイはパワーをロスしてしまいます。

 

バックスイング時に右腰を右側に突き出してしまうことを指しますが、このようなトップからは正確なダウンスイングは難しいと言われています。

 

なぜならトップで右腰を右側に突き出してしまうと、ダウンスイングで大きく左側に動かなければなりません。

 

大きく左側に動く状態でナイスショットは望めません。

 

右腰のスウェイを抑えるためには、右ひざと右足の付け根でしっかりと体重を支えることが必要です。

 

バックスイング時に自分の体重を右ひざに乗せるようにし、右ひざで上手に体重を受け止められると腰は右側にスウェイすることはありません。

 

右側に思いっきり動くつもりで、体重を右ひざにかけてみましょう。

 

右足の付け根がしっかりとしていれば、右側にスウェイすることは無く、右足の太ももに張りを感じるはずです。

 

右足で体重を支えることができれば、状態のねじりから生まれるパワーを効率よくボールに伝えることができると思います。

 

この時右足の付け根だけに意識を集中してしまうと、右肩が落ちてしまうので注意が必要です。