低い球筋を生みだすゴルフスイング

正しいインパクトとフォロースルー

ゴルフスイングのインパクトの瞬間は、右ひざがアドレスの時よりも前に出ているか確認し、左手甲の角度や両腕に位置、フェースの向きはアドレス時と同じになっているでしょうか?

 

そして腰の角度は地面と平行であることが望ましいです。

 

左ひざが打球方向に流れてしまったり、上体が伸び上がってしまったりすると腰は平行になりません。

 

左足の付け根の踏ん張りをインパクトまで保つことが重要です。

 

「あご」が地面を指した状態でインパクトしていることも重要です。

 

上体が左右に動かずにボールを良く見ていれば「あご」は地面を指した状態になるはずです。

 

ゴルフスイングのフォローでもテークバックと同様にクラブのグリップエンドが「へそ」を指すようにします。

フォローの途中までは前傾姿勢を変えてはいけません。

 

ヘッドが腰の高さまで戻ってくるまでは、前傾姿勢を保つといいようです。

 

手のたたみ方は、左ひじを地面に向けるようにゆっくりたためばいいでしょう。

 

フォロー後半は左側の腰を突き出すのではなく、左足を軸にして腰を回すという意識を持ってください。

 

そしてフィニッシュでは右肩が目標を指すまで回転させることが必要です。

 

左足から頭までは一直線になるようにフィニッシュのポーズをとります。

 

鏡を見ながら自分のスイングを確認するには限界があるので、ビデオカメラで自分のスイングを撮影してみるのも1つの方法です。

 

スロー再生をすれば、かなり細かいところまで確認することができるはずです。

低い球筋を生みだすゴルフスイングのポイント

ドライバーを打つ時、強いアゲインストの風が吹いていたとします。

 

高いボールを打ってしまうと、風の影響を受けてしまい飛距離が落ちてしまいます。

 

低い球筋の球を打てば風の影響は少なくなるので、できるだけ低い弾道になるような打ち方を身につけたいものです。

 

ゴルフスイングで低い弾道の球を打つためには、どのようなことに気をつけたらよいと思いますか?

 

まず、ティーアップをボールの3分の1くらい通常よりも低くします。

 

そしてクラブを短く握り、スタンス幅を通常の状態よりも狭くしましょう。

 

漠然とスタンスを狭くすると、球の位置がいろいろと変わってしまうため、スタンスを狭くする時には、必ず右足を左に寄せるようにして狭くしましょう。

 

ボールの位置が変わってしまうと、スイングの形が変わってしまうため、決して良い結果に結びつきません。

 

ボールと左足の関係が変化しないように、右足を移動させましょう。

 

スタンスを狭くしてとしても、スイングは通常のスイングを心がけてください。

 

ティーアップする場所も慎重に選びたいものです。

 

通常よりもティーアップを低くしますが、自分の足場よりも高い位置にティーアップしてしまうと、ティーを低くした効果は無くなってしまいます。

 

低いボールを打ちたい時はこんな場所を避け、適当な場所が見つからない場合は、より低くティーアップをすることを心掛けたほうがよいでしょう。