ゴルフスイングのリズムはチャー・シュー・メーン

無理の無いバックスイングが自分に合ったバックスイング

ゴルフスイングのバックスイングでは、左腕が地面と平行になった時にクラブのシャフトと左腕が90度になっているかを確認しましょう。

 

左親指側のコックが不足している場合は90度にならず、左親指側のコックがきちんとされている場合はクラブのシャフトが地面に対して垂直になり、左腕とシャフトが90度になっています。

 

ゴルフスイングのトップの位置では肩が90度以上、腰が45度くらい回転しているか確認してください。

 

この時、左手甲の向きとクラブフェースの向きが同じ方向を向いている必要があります。

 

左手首のコックがきちんとされていれば、左手甲の向きとクラブフェースの向きは同じになるはずです。

 

ダウンスイングは左ひざの始動から始まるイメージを持ちましょう。

左足に親指の付け根で地面をグリップする意識を持てば、左ひざの始動からダウンスイングを始めることができます。

 

この時、上半身から動き始めないように注意しましょう。

 

上半身から動き始めると右肩が落ちてしまったり、体重移動がスムースにいかなかったりします。

 

ダウンスイング時にはテークバックと同じ軌道で下ろしてきません。

 

同じ軌道で下ろそうとすると、身体が開いている分クラブはアウトサイドから下りてしまうので、無理やり同じ軌道でダウンさせる必要はないでしょう。

 

シャフトが地面と平行になった時、両肩は目標に対してスクエアの状態になり、腰は30度くらい開いています。

 

両肩と腰に回転差が見られない場合は、ダウンスイングの切り返しが上手に行われていない可能性があります。

ゴルフスイングのリズムをつくるテークバックの始動

ゴルフスイングにおける上手なリズム作りで大切なことは、テークバックの始動時にあります。

 

ゴルフスイングを始める前は、上体をリラックスさせましょう。

 

両肩と両肘の力を抜き、クラブヘッドが始動する時は両腕と肩で三角形を作るイメージを持つことが大切です。

 

そしてクラブヘッドを低く引いていきます。

 

低く引くとは、クラブヘッドのソールが地面をゆっくり滑るように引くと言うことです。

 

この時、腕や手に力が入ってしまうと、ヘッドが持ち上がってしまうためリズムが崩れてしまいます。

 

テークバックは腕や手の動きを意識するのではなく、腰や肩をはじめとした上半身の動きを意識してください。

 

腰や肩を動かした時、頭の位置を固定しようとする意識が働くと上半身のスムーズな動きを妨げる事になるので、上半身の回転に合わせて頭も自然に回転させましょう。

 

ゴルフスイングで大切なことは、腕や手の力に頼ることではなく、上体を一体化させて回転させて「ひねりの力」を利用することにあります。

 

そのためにはリズムよく、スムーズに上半身を回転させる必要があります。

 

スムーズな回転とは、一定の速度で身体が回転することです。

 

テークバック時に身体が早く回転してしまったり、ダウンスイング時に身体が早く回転してしまう時はスムーズに回転していない証拠です。

 

ゴルフスイングをする時、一定のリズムを得るために頭のなかで「チャーシューメン」と唱えていた人もいたみたいですよ。

 

1度試してみてはどうでしょうか?