正しいアドレスと一定のスイングリズムが上達のポイント

正しいアドレスの構え方

ゴルフスイングはアドレスをしないと始まりません。

 

正しいアドレスが構えられないと、正しいゴルフスイングにつながりません。。

 

アドレスは右肩が右足甲の真上にくるようにセットし、右肩が右足甲よりも前に出てしまう前傾しすぎたアドレスや、逆の起きすぎたアドレスは身体の回転を邪魔するものになります。

 

また、バックスイング時の上体の水平移動や上下運動につながってしまうのです。

 

自分の体重は親指の付け根にかけて、肩のラインは地面に対して平行にします。

 

しかし、右手のほうが左手よりもクラブの下を持つので、その分右肩は下がってきます。

 

両腕はリラックスさせ、肩の力を抜くことが大切です。

 

左右のつま先はスクエアに構えることが基本ですが、右足のつま先は15度くらい開いてもいいようです。

 

バックスイングのきっかけが上手につかめない人は「チンバック」してもいいでしょう。

 

「チンバック」とはバックスイングの始動時に自分のあごを右側に向けることです。

 

上体を上手にひねることのできない人は、チンバックをきっかけに左肩をスムーズに入れることもできます。

 

バックスイング時はクラブのグリップエンドが「へそ」を指すようにします。

 

身体の回転のみでテークバックできていれば、グリップエンドは「へそ」を指しているはずです。

 

腕や手首のコックを利用してバックスイングを行うと、グリップエンドの位置がずれてきます。

 

バックスイングでクラブシャフトが地面と平行になった時に、右ひじが曲がり始めます。

ゴルフスイングのリズムを一定にする

多くのアマチュアゴフファーには「苦手なクラブ」があると思います。

 

スプーン(3番ウッド)は上手く打てるけど、ドライバーは打てないとかロングアイアンが打てないという人はよく見かけます。

 

それは、どこに原因があるのかわかっていますか?

 

クラブによって、ゴルフスイングのリズムが変わってしまうことも原因の1つと言われています。

 

スプーンは得意だけどドライバーは苦手という人は、スプーンでゴルフスイングのリズムを習得する方法があります。

 

ドライバーやロングアイアンで必要なリズムをスプーンで習得してしまうという事です。

 

基本が完成されていないとリズムは上手に作れません。

 

リズムを上手に作るために、まずは自分のグリップを確認してください。

 

右手をかぶせすぎていると余分な力が入っているので、右手はかぶせないで横から添える感じでグリップを握ります。

 

リズムを上手に作るには、身体の向きも大切になってきます。

 

右肩が前に出てしまうとトップの状態で左足に体重がかかってしまうことが多く、ダウンスイングの振りが一定しないことにつながります。

 

右手を「かぶさず」にグリップを握れば、右肩もまっすぐになりやすいはず、肩のラインを平行にして構える意識を持ちましょう。

 

このような構えをすると、右肩の位置が少し下がりますがこれが自然な構えとなります。

 

上手なリズム作りはテークバックの始動からはじまりますが、この時、ヘッドを低く引くことを心がけましょう。

 

始動時にヘッドを低くすれば、テンポは早くなりにくいと言われています。