飛距離が伸びるドライバーの打ち方 ここがポイント!

ゴルフスイング練習法

ゴルフスイングの練習法として特別なことを考える必要はありません。

 

もちろん、道具などを使って体のバランスを取れるようにすることもできますが、地道な練習だけがゴルフ上達の近道と考えてください。

 

一般にゴルフがうまくならないと言っている人の多くは練習嫌いです。

 

練習せずにうまくなれるはずはないのですが、それをわかっていないのでしょう。

 

あなたはうまくなりたくないですか。

 

ゴルフスイングの基本的なことはインターネットなどで詳しく説明されていますから、それを読めばいいでしょう。

 

分かりにくいなら、プロが動画で説明しているサイトもあります。

 

ゴルフスイングは難しいわけではありませんが、ポイントをしっかりと理解していないと的外れの練習になってしまいます。

グリップの握り方、腕の下ろし方、上げ方など注意しなければならない点はたくさんあります。

 

それぞれを丁寧に練習してください。

 

本番と思ってスイングをしましょう。

 

練習場に通うこともいいでしょう。

 

ただ、お金がかかりますから、その点だけは別の意味での注意が必要ですね。

 

ゴルフスイングの9割はグリップで決まるという人もいます。

 

どこを重視するかは自分で考えてください。

 

いろいろと試行錯誤して見ればいいのです。

 

基本を理解した上で自分なりのスイングを作ることができれば、もうあなたは上達しているはずです。

 

最近のゴルフ人口は横ばい状態です。

 

ゴルフ場が込み合うことも少なくなりました。

 

週末には時々ゴルフ場に出かけましょう。

ゴルフスイング基本のポイント

これからゴルフを始める人へアドバイスをするなら、ゴルフスイングの基本についてでしょう。

 

ゴルフスイングと野球のスイングが違う事は知っていると思います。

 

同じような感じがしますが、基本的に全く違います。

 

野球をやった経験がある人は多いと思いますが、ゴルフをやったことがある人は少ないと思います。

 

野球のスイングをするので、ゴルフスイングが難しく感じてしまうようです。

 

基本は野球と違うということを頭に入れておいてください。
ゴルフでは止まっているボールを打ちます。

 

地面の上においていますから、打点に合わせたスイングをしなければなりません。

 

ゴルフでボールを遠くまで飛ばすためには、しっかりと振らなければなりませんが、無理に体重を乗せたりする必要はありません。

 

インターネットでゴルフスイングの解説がたくさん掲載されていますが、どれも同じことを言っていると思いますか?

 

実はちょっとずつ違いますが、どれが本当なのでしょうか?

 

もちろん、同じことを言っていても表現方法が異なる場合もあります。

 

ただし、基本的なことは頭に入っていても、それを実行できないことが大きな問題だと自覚することが大切です。

 

自分で意識しているようで、実はできていないことが多いので、自分のゴルフスイングをビデオを撮ることから始めましょう。

 

プロのスイングと自分のスイングを比較します。
グリップの握り方、構え方までは良くても、その後のストロークがまずい人がほとんどでしょう。

 

止まっている時は良くて、動くと基本から離れてしまう人が多いのです。